以前勤めていた会社でのことです。
4年目の私は仕事もそこそこ任され、後輩もでき遅くまで残業する日が増えていました。
そんなある日、いつものように残業していたら会社の中でも一番仲の良い上司が話しかけてきたのです。
内容は最近毎月外部に提出しなければいけない書類が増え、終わらないというもので遠まわしに手伝ってくれないかということでした。
いつもお世話になっているし、今日くらい手伝っても良いかと最初は軽い気持ちで手伝いました。
ところがそれをきっかけに毎月のように仕事を頼むようになり、しかも頼んだ本人は自分より先に帰ってしまう始末で時間が空けば今日は早く帰ったらと声をかけるのみになりました.
さすがの私もイライラしはじめ、断ろうと思っていた矢先のことです。
その上司ともう一人の上司がこそこそ話しているのが聞こえ、今日仕事が終わってから飲みに行こう、書類は任せていればやってくれるだろう。適当に頼んでさっさと帰ろうと楽しそうに話していたのです。
イラッとどころか完全に怒った私はそれからなにを頼まれても忙しいのでと断るようになりました。
今は退職して違う仕事をし毎日充実しています。優しさにつけ込むイラッとする上司のもとを離れられてすっきりです。